お墓の購入を考える時にやはり一番気になるのはその費用ではないでしょうか。決して安いとは言えない買い物になることは間違いないので、資金を集めるだけでも苦労してしまうという方も少なくないかもしれません。全国的にみると東京都や神奈川県では地価が高いこともあり、区画面積が狭くてもお墓の費用が非常に高いと言われています。そこで、横浜地域のお墓の費用を紹介してみたいと思います。費用を知るためには、まずお墓の購入に際して必要な費用の内訳を知らなければなりません。お墓にかかる費用は、一般的に永代使用料と墓石代、管理費の3つがあります。永代供養料とは土地代の事ですが、実際に土地を購入するわけではないので税金はかかりませんが、代わりに管理費を支払う必要があります。

東京23区よりも横浜の方が値段は安い

全国的に比べるともちろん費用は高いのですが、23区と比べると4分の1の値段で購入することもできます。また23区からバスや電車などの交通アクセスも充実しているので不自由に感じることはないはずです。観光スポットなども点在していますので、食事処や買い物をするお店に困らないなど利便性に優れていることも魅力の一つではないでしょうか。この利便性と交通アクセスを考えると現在23区内にお住まいの場合でも、他県であっても購入をする際の指標になりえると思います。お墓というとできるだけ自宅に近く、すぐにいける場所に購入したいと考えてしまうかもしれませんが、東京23区は全国でも最もお墓に対する購入費用が高い地域となっており、全ての費用を合わせると1,000万円近くになる場合もあります。

綺麗な海と多くの緑に囲まれた霊園

横浜の霊園でお墓を購入する場合、東京23区では1,000万円近くかかる費用も同規模の面積で200万円程度に抑えることができます。また多くの霊園は綺麗な海が臨め、緑に囲まれた静かな地域にあることが多いので、お墓を建てる場所としては、参拝される側も参拝する側も落ち着くことができる最適な環境と言えます。費用の面で、全国平均から考えると高めではありますが、東京23区に比べるとかなり負担を減らすことができます。23区にお住まいの方でも、アクセス面で良好な上に、観光や買い物帰りにお墓参り、または逆にお墓参りの帰りに買い物や食事をして帰ること事ができる便利さを考えると当地域でお墓を建てるメリットは十分にあると思います。費用対効果を考えると最適な地域と言えます。