今までのお墓は、祖先から未来に引き継がれ、血縁者は同じお墓に入るものだとされていました。ただ、最近はそういったお墓に対する考え方が変わってきています。代々続くお墓を守るという固定概念に囚われないお墓がたくさん出てきていることを知ることで、選択肢も増えるでしょう。もし今、横浜で霊園をお探しなのであれば、お墓の種類も色々と調べてみた方がいいかもしれません。中には昔ながらのお墓しか取り扱っていない場所もあるかとは思いますが、先進的な霊園であれば「こんなお墓があるならそれがいい!」と思うような、希望にそった霊園も見つかる事でしょう。お墓とはこういうものだ、という考えは一旦置いておいて、生まれ育った横浜で自分のライフスタイルに合ったお墓を探してみましょう。

お墓の管理やお墓参りを気にしたくない場合

最近では、核家族や独身の方などが増え、お墓参りをするという事自体に馴染みが無い方も増えてきました。そんな方が、死んだ後先祖代々のお墓に入れと言われてもピンと来ないでしょう。そんな方向けのお墓として、「永代供養墓」というのがあります。お寺が管理してくれる仕組みのお墓で、供養などもしてくれます。永代供養墓では、個人ではなく他人と一緒に納骨される事になるので、合同墓・共同墓・合祀墓などとも呼ばれています。この方法であれば、自分が亡くなった後も子供や孫にお墓の世話をお願いすることもありませんし、肉親がいない方もお墓を放置する事にはなりませんので安心です。近年の日本のスタイルに合ったお墓といえるでしょう。横浜にも、この永代供養墓を扱っているところはたくさんありますので、探してみてはいかがでしょうか。

最近良く聞く「納骨堂」とはいったいどういう仕組みなのか

最近「納骨堂」というのをよく見かけます。昔ながらのお墓というと、遺骨を土の中に埋蔵するスタイルですが、近年この埋蔵するスタイルによるある問題が発生してきています。それは、首都圏の墓地不足です。墓地は、それぞれ区画が決められていてそのスペースを購入しますが、ある程度の広さが必要なので、かなりの広さの土地が必要となります。その打開策として出てきたのが、この納骨堂です。納骨堂は建物なかにロッカーや仏壇が用意されていて、そこに遺骨を収蔵するというスタイルになります。こうすることで、場所を取りませんし、墓石も不要なので低額で利用する事ができるのも魅力の一つです。気をつけなければいけないのは、収蔵期間が設けられている所があるということです。都度更新しなければいけない場合もありますので、それはよく調べておきましょう。