お墓を購入しようと考える時、様々な知識を頭に入れておかないと、何をしてよいのかわからなくなってしまう事も少なくありません。現在、お墓を購入しようする方が選択肢の一つとして考えるエリアに横浜があります。ここでは、この地域で霊園を選ぶ場合にどのような事を考えるべきなのかのポイントを紹介します。まず一番大切なのは、交通のアクセスです。お墓を購入しても、お墓参りに気軽に行けないような場所にあるのでは意味がありません。その点、横浜であれば、首都圏から直通でバスや電車が走っていますし、高速道路もありますので自家用車で通う事もできると思います。恐らく、東京23区内でお墓を購入するよりも短時間で通う事もできる霊園が非常に多くあるのではないでしょうか。

価格は東京23区の5分の1から4分の1

次に気になるのは価格でしょう。地価の価格もあり、同規模面積のお墓の購入価格を全国的に見てみるとトップにくるのが東京23区で次が神奈川です。東京23区でお墓を購入しようと考えると地域にもよりますが1,000万円近く必要なケースもあります。神奈川も地価が高いので、お墓の費用も高いのですが、それでも平均は200万円から300万円で東京23区の5分の1から4分の1です。自宅が東京23区にあったとして、できるだけ近くにお墓を購入したいと考えるかもしれませんが、購入費用の差と交通アクセスの事を考えると神奈川の方を選ぶと最終的に良い結果になるときもあります。また宗教や宗派にも気をつけなければなりません。受け入れてくれる場所によって宗派や宗旨が違いますので、購入する前に事前に調べておく必要があります。

屋外とはいえ環境も重要な要素です。

お墓は屋外にあるべきものですが、できるだけ自然環境と共にあるべきものです。その為、できるだけ緑に囲まれた静かな場所にある方が良いでしょう。特に横浜であれば海に面している霊園も数多くありますので、自然を感じながら親戚の方などとゆっくりとお墓参りをすることができるはずです。また管理体制がしっかりしている事も選択肢に入れるべきです。墓地とは1代限りの付き合いではなく、何代も付き合っていく可能性がある為、定期的に納める事になる管理費が清掃や植え込みなどの手入れなど墓地の維持管理に使われているのがわかる方が良いでしょう。このような条件に合う条件は多くあります。優先順位としては、交通アクセス、購入費用、環境などを優先させていくと満足いく墓地がみつかるはずです。